RON PAPA & MAMA

ありがとう

a0267860_06123561.jpg
Cairn RON!plus

# by ronkun0810 | 2017-12-31 00:00

スナップ

a0267860_12053919.jpg
a0267860_12061661.jpg


More
# by ronkun0810 | 2017-04-19 12:06 | 3-2-WAN! | Comments(0)

お友達


a0267860_11563187.jpg
a0267860_11572571.jpg
a0267860_11561994.jpg



More
# by ronkun0810 | 2017-04-16 21:04 | 3-2-WAN! | Comments(0)

テリアオフ会


a0267860_17182342.jpg
テリアの集い。

とても楽しかったよ。

みんな温かい声をかけてくれた。

そこには皆さんからのお花がテーブルに飾られ、

3-2-WAN!に飾られている亡きロンの写真が。

驚いたよ!ほんとに。


2017.4.16 3-2-WAN!



More
# by ronkun0810 | 2017-04-16 17:49 | 3-2-WAN! | Comments(4)

『記憶』と『記録』

今日、チャーリー母さんから素敵なフォト・ブックを頂戴いたしました。
35ページもあるハードカバーでびっくりでした。
初めて一緒に遊んだ涸沼ドックランの模様。
決して忘れることのできない単独遠征の模様。
そして、ユーカリに遊びに来てくれた時の模様。
そして、woof"で遊んだ時の模様。
そこには数々のシーンが綴られておりました。

a0267860_22101396.jpg



More
# by ronkun0810 | 2017-04-13 22:30 | Comments(2)

御用達のトリミング・サロン

言葉がありません。
知らせていないのに。。。
ケアーン繋がりのお友達ありがとう。
a0267860_22240139.jpg


a0267860_22285986.jpg




# by ronkun0810 | 2017-04-13 22:29 | Comments(0)

ランで一緒に遊んだケアーンテリア

今までいったい何頭のケアーンテリアとご一緒したことか。
たまたま街やイベントで遭遇したケアーンテリアの頭数は除く。
ドックランで一緒に遊んだことがあることだけを、思い出しながら紙に書きだしてカウントしてみた。

お名前もコートの色も容姿もはっきりと憶えている。
もちろんどこのランでご一緒したかも鮮明だ。
その顔振れは51頭だった。

驚きだ。

お空のランでもきっとケアーンの友達にであえるだろうから
きっと出逢いの数はふえるだろうな。
いいね。

# by ronkun0810 | 2017-04-12 13:31 | Comments(0)

1週間近況

当ブログにみなさんからお悔やみのお言葉を頂戴し、
コメ返しができないまま1週間が経ってしまいました。
なんと言ったらいいのか、ただただ『ありがとうございました。』
とかしか言い表せないロンぱぱとロンまま。
みなさんからの丁重なコメントをいただき、私たち夫婦は気持ちが救われております。
個々の方々へのコメ返しは、落ち着いたらさせていただきます。
ほんとありがとうございました。

近況です。
その後、心は穏やかになっている感がします。
日常のペースに戻りつつあるものの、『寂しさ』は、やっぱし感じますね。
ないといったら嘘になります。
まぁ、ぼちぼちやっていきます。

# by ronkun0810 | 2017-04-06 23:16 | Comments(0)

安らかに眠っておくれ

今日、4月2日(日)ロンとの最後のお別れをしました。
私たち夫婦でできうる限りの範囲の中で、ロンを丁寧に見送ってあげようと、
ロンがパピーのころよく遊びにいった、『アンデルセン公園ドックラン』の近くのペット葬儀場で、
家族立会いの個別火葬をしてきました。


More
# by ronkun0810 | 2017-04-02 21:57 | Comments(7)

ロン 虹の橋を渡りました

相棒のロンが亡くなりました。8歳9か月。

あまりにも突然のことでした。
2月24日には犬の総合健康診断をしてもらっており、
血液検査・尿検査・レントゲン検査・超音波検査とあらゆる検査をしてもらってて
若干の心雑音はパピーの頃からあるもの、どこにも異状なしの健康そのものでした。
いままで下痢どころか軟便すらしなかったロンが。。。

病名:自己免疫性溶血性貧血
自分の免疫機能が誤って自分の赤血球を異物と認識して攻撃して、
自らの赤血球を破壊してしまう病気に罹ってしまいました。
あまりにも突発のことでした。
3月20日(祝)朝から食欲がなく、御飯を食べず、夜も食せず、なんとなく尿が黄色く
異変を感じて、3月21日(火)に診察してもらい即日の入院治療。
救急の処置を施してもらいました。
その結果、非常に致死率の高い病気であることを知らされましたが、
絶対に帰ってくると信じ続けた10日間でした。

最期は、私たち夫婦は、類い希なるロンの体力に僅かな希望を託しましたが、
3月30日未明。虹の橋を渡りました。


More
# by ronkun0810 | 2017-03-31 13:48 | Comments(22)